承認欲求依存症とは?自分を認めるのが解決へつながる秘訣

承認欲求依存症とは

真面目で頑張り屋さんな人ほど、
自分らしさを見失いやすく『承認欲求依存症』になりやすい傾向にあります。
子供のころ、親にもっと褒めて欲しくて
自分で自分のハードルをどんどん高くしてしまい、
辛くなった経験はありませんか?

 

あなたもこんな経験はありませんか?
少し想像して読んでみてください。

ある朝のこと、アラームの音で目が覚めた。
もう朝か…。とため息と共に起きようとしたけれど体が起きることを拒否している。

動かなければいけないのに、
どうしても起きたくないと心が訴える。
そして、とうとう起きることができなかった。

誰も自分のことなんてわかってくれない…。
最近、何をやっても上手くいかない…。
SNSでは、みんな素敵に見えるのに
自分の現実はなんでこんなに楽しくないんだろう…。

今は、自分の本当の気持ちも自分が何がしたいのかもわからない。

なんで、自分のことさえわからないんだろう…。
でも、その答えをほんとうは知っている。

親、教師、家族、友達グループ、SNS、世間…。
みんなに認めて欲しくて、みんなに嫌われたくなくて、
周りに気を使って頑張ってきたからだ。

自分の気持ちを我慢して、
誰かの評価や価値観を気にして生きているうちに、
本当の私を見失ってしまった。

どうしたら、本当の自分を取り戻せるのか、
本当の自分はどこにいるのか…。
考えるほどに不安が襲ってきて悲しくなる…。

そんな漠然とした生きづらさを、
あなたも少しは感じた事はありませんか?

さっきの文章には、とても重要な部分があります。

それは、起きることを拒否したのは 『からだ』 であり
訴えたのは 『こころ』 であるということです。

どんな不調や病気に関しても同じです。
少し自分のことを思い出して、考えてみてください。

日曜日の夜、ちびまる子ちゃんやサザエさんのアニメが
始まると、気分が落ち込んだり、体が重くなる人々が大勢います。

パートナーが帰ってくる時間や、
義理の両親と会うことを想像しただけで
胃腸の調子を崩すことさえあります。

ですが、胃腸には問題ありませんし
ちびまる子ちゃんや、サザエさんに
体を悪くする電磁波が
流れているわけではありません。

すべての不調や病気は 『こころ』 に原因があります。

なぜなら、最初に原因である 『こころ』 にストレスが起きて
やがて 『からだ』 に結果としての不調が起きるからです。

人一倍敏感な人たちの定義 『HSP』 という概念も最近は浸透してきています。

私も、これに当てはまります。

当てはまるほどに生きづらい人生を歩んでいるのではないでしょうか?

ですが、自分の軸をちゃんと持てば他人の影響にもブレずに生きることができます。

関連記事

  1. 過去でも未来でもなく、『今この瞬間』にゼロポイントを意識して…

  2. 幸せな未来へと繋がる前向きな問いかけ方法とは

  3. 一番深い原因を知る潜在意識リーディングと、涙を流す方続出の氣…

  4. 自分の感情に違和感なく行動する事が本来の自分らしさ│物事がス…

  5. 理想を現実にする秘訣は《変化》を愛し、常識を変え続ける人であ…

  6. 奇跡の木といわれる青森ヒバを商品化してみました

《無料講座》本当の自分を取り戻す最高の法則

*メールアドレス

最近の記事 おすすめ記事